給与計算の効率|取引先と自社の経営状態を詳しく管理できるワークフローシステム

取引先と自社の経営状態を詳しく管理できるワークフローシステム

男女

給与計算の効率

男女

給与計算システムの遷移

企業にとって給与計算は月次処理の最も重要な業務一つです。以前は、各社員から提出された勤務票をもとに勤務状況のデータを作成し、給与計算システムの入力データとしていました。しかし、現在では給与計算システムにも大幅な改善が行われており、入力データは社員が直接自分で入力するケースが多くなっています。また、給与計算もバッチ処理など大掛かりな処理を行わずに、リアルタイムで算出できるようになりました。当然のことながら残業代なども正しく算出し合算した形で出力できるのです。 また、スマートフォンなどの携帯電話の普及により、給与明細の配布を行わない企業も増えており、給与計算の結果を、直接社員の携帯電話に送信する給与計算システムもでており、非常に便利になっています。

省力化、連動の流れは更に進むでしょう

大掛かりだった給与計算システムは、ますます省力化が進んでいくでしょう。給与計算システムの重要な要素は、給与の基本となる各個人の基本情報と、残業代などを算出する掛け率など法的な規制を考慮すれば、一般的な給与計算システムは構築できます。そこで、入力にかかるコストと出力にかかるコストを極力少なくすることになるでしょう。 また、勤怠管理システムからのデータを連動したり、経理会計システムへ人件費データを連動したり、社内の他システムへの連動もますます増えていくでしょう。給与明細の伝送化は、紙媒体の使用を大幅に削減されるため、企業のエコ対策の一つとしてとらえられている企業も多く、企業の大きさに関わりなく、これからますます増えていくでしょう。