取引先と自社の経営状態を詳しく管理できるワークフローシステム

メンズ

リスク管理

レディ

販売会社を経営しているような場合、販売する商品の生産を依頼している会社がある場合が多いです。そのような場合、取引先の決算状況を把握しておくことが大切です。ある日突然赤字で父さんといったことになると商品供給がストップしてしまい、商品を買ってくれる顧客に迷惑がかかるからです。企業の業績が怪しい場合は、何らかの兆候があるものです。そういった兆候をたびたび感じるようになると、倒産確率も高くなるのです。その生産工場に資材を収めている業者は、納入先の倒産確率等の話題にも敏感になります。納入した資材代が回収できていないうちに倒産されたら被害を受けるからです。従ってそういった資材業者からも随時情報を聞いておくと良いです。また取引先だけでなく、自社の経営状態を詳しく把握し管理することも非常に大切です。そのためにはワークフローなどのシステムを導入してみましょう。ワークフローシステムを活用すれば、社内での情報共有はもちろん、コミュニケーションも向上するのでいろんな部分で活躍するでしょう。

取引先の経営状態を把握するのは難しい部分もあります。決算書を見せて欲しいと依頼して渋られた場合、無理矢理頼むわけにはいきません。また、疑いの目で商談の際に経営面の話ばかりすると、生産工場の機嫌を損ねてしまうことにもなりかねないため、ほどほどにしておかねばならないのです。従ってどうしても取引先の経営状態が気になる場合は、専門の調査会社に依頼して倒産確率などを予測するようにすると良いです。多くの企業の調査をしている専門の業者ですと、依頼させた企業の倒産確率などを調査するこちには慣れていますので、調査結果も信頼性が高いものとなります。ただし、この場合もこういった調査をしていることを対象の企業に知られることのないよう、注意が必要です。

社内業務の効率化のため

女性

社内のスケジュールや勤退管理を効率化したいときは、グループウェアソフトを導入しましょう。これはお試し期間が設けられており、ソフトの価格はクラウド版やパッケージ版で異なります。また、情報を得たい方は業者への資料請求も可能です。

More...

勤怠の管理

男の人

勤怠管理システムは、欠勤や早退等をシステムで一括管理を行っているシステムです。システムを導入することで、担当者の負担を大きく減らすことができます。入力忘れ等も柔軟に対応することができ、社員自身で管理を行うことができます。

More...

給与計算の効率

男女

給与計算は現在入力データを社員が直接行い、それがそのままシステムに反映されるという仕組みを撮っています。残業代等も正しく反映され、給与計算の結果をリアルタイムで確認できる給与計算システムがあります。

More...